クラウド型ECサイトの機能性について

自社開発自社開発かクラウド型ECサイトかの違いは機能性の面にも現れます。自社開発の場合、デザインの全てを思い通りにすることができます。例えば商品情報の陳列の仕方や追加情報の提供、購入までの流れについてまで、制限されることなく自由に機能を追加することが可能です。これに対してクラウド型ECサイトでは、機能性にある程度の制限をかけられることになります。サービス自体が取り扱っていない機能は新たに導入することができませんので、この点がネックになります。必要最低限の機能しか有していない代わりに、コストが安く抑えられているわけです。

しかしながら近年のクラウド型ECサイトは、種類も豊富になり、機能性が向上されたサービスも登場しています。機能性を最低限に留めるのではなく、少しだけ拡張することでニーズに対応しています。機能性を拡張することで料金が少しだけ高くなりますが、全てを自在に設定できる自社開発のように莫大なコストがかかるわけではありません。このようにクラウド型ECサイトは、サービスごとに取り扱っている機能性が異なりますので、最初の選び方しだいで使いやすく且つコストも抑えられます。クラウド型ECサイト選びを慎重に行っていけば、低コストでECサイトの運営ができるというわけです。

参考リンク:MODD SaaS ECM料金表_CROSS WARP