目標の設定と予算からサービスを選ぼう

ECサイトの導入とサイトの運営を行う際には、予算と目標の設定が非常に重要です。予算については上限となる金額がどの程度なのかを見極めることが大切です。導入にかかるコストと運営するために必要となるランニングコスト、そしてどの程度の利益を見込むのかを考慮して導入の検討をしていくと良いでしょう

選ぶ目標の設定については、ECサイトをどの程度のクオリティで実現させたいかという点で検討しておくと良いでしょう。最低限の機能があって実際に購入するまでの流れが滞り無く行えれば良いのか、それとも更に便利な機能も追加したいのか。はたまたサイトのデザインはどのようなものが良いのか、デザイン会社に依頼するのか否かなどについて、検討してみましょう。検討後には、求める機能性とデザインから利用するクラウド型ECサイトを選んでみてください。近年のクラウド型ECサイトは、それぞれで取り扱っている機能も異なり、またそれぞれの特徴も異なります。ご希望に合わせて選んでいくことをおすすめします。一般的には、自由度が高くなるほど利用料金も高くなります。どの程度のクオリティを必要としているか、予算をいくらに設定しているかを考慮して、サービス選びを進めてみてください。

クラウド型ECサイトの機能性について

自社開発自社開発かクラウド型ECサイトかの違いは機能性の面にも現れます。自社開発の場合、デザインの全てを思い通りにすることができます。例えば商品情報の陳列の仕方や追加情報の提供、購入までの流れについてまで、制限されることなく自由に機能を追加することが可能です。これに対してクラウド型ECサイトでは、機能性にある程度の制限をかけられることになります。サービス自体が取り扱っていない機能は新たに導入することができませんので、この点がネックになります。必要最低限の機能しか有していない代わりに、コストが安く抑えられているわけです。

しかしながら近年のクラウド型ECサイトは、種類も豊富になり、機能性が向上されたサービスも登場しています。機能性を最低限に留めるのではなく、少しだけ拡張することでニーズに対応しています。機能性を拡張することで料金が少しだけ高くなりますが、全てを自在に設定できる自社開発のように莫大なコストがかかるわけではありません。このようにクラウド型ECサイトは、サービスごとに取り扱っている機能性が異なりますので、最初の選び方しだいで使いやすく且つコストも抑えられます。クラウド型ECサイト選びを慎重に行っていけば、低コストでECサイトの運営ができるというわけです。

参考リンク:MODD SaaS ECM料金表_CROSS WARP

低コストが魅力のクラウド型ECサイト

自社開発によりECサイトを制作し、運営についても自社で行うとなると、費用は莫大に膨れることになります。ECサイトは制作して終わりというわけではなく、実際に顧客から注文を受け、会計を済ませて商品を発送するという運営についても日々行う必要があり、こちらの管理に費用が発生することになります。また、サーバーの管理やセキュリティについても、常にチェックしておく必要があるなど、高くついてしまいがちです。そのため全てを自社で取り行うとなると導入コストとランニングコストが膨れてしまうのが現実です。

クラウド型ECサイトクラウド型ECサイト構築サービスは、システムを自社で所有するのではなく、ECサイトの機能をレンタルするという形になります。サーバーの管理やシステム開発といった導入コストは発生しないため、月々数千円から数万円という低価格でECサイトの運営が可能となります。ランニングコストについても最小限に抑えられている点も特徴で、全てを含めて月々の料金に加えられるので、より安く、より導入しやすくなっています。ITの専門ノウハウを持っていなくともインターネット上に店舗を持つことができるため、現在では多くの企業がクラウド型ECサイト構築サービスを利用しています。

ECサイトの構築、運営は費用がかかる?

ECサイトECサイトを導入する際に度外視できないのが費用の問題です。インターネット上に仮想店舗を設置すると営業の範囲を飛躍的に拡大させられるというメリットもありますが、一方で導入や運営のために費用がかかってしまいがちな点が玉に瑕です。ECサイトの構築にかかる費用は、デザインや機能性といったクオリティ、どの範囲までを自社で制作するのかといった点にもよりますが、数百万円から数千万円という高額な費用が発生してしまいます。したがってどの企業でも簡単に始められるわけではなく、資金力のある大企業を中心に少しずつ普及することになりました。

近年では、ECサイトの構築にかかる費用は抑えられるようになってきています。ECサイト構築に特化した制作会社が登場して、サービスがパッケージング化されることにより、数十万円単位の費用でも構築が可能となりました。自社で構築から運営までの全てを行う場合と比較すると、機能性やデザインといった細かな部分に違いが出てきますが、そのぶん格安で仕上げることができますので、低予算でもECサイトを導入できるという点が非常に魅力的です

より安さを求めるのであれば、クラウドECサイト構築サービスの利用も考えてみると良いでしょう。クラウドECサイトの利用は、費用が月々数千円から数万円程度となっており、コストパフォーマンスが良いのが特徴です。当サイトでは、クラウドECサイトを利用するメリットについてご紹介していきます。